自費出版とは

出版の形態は大別して3種類存在します。自費出版、商業出版、共同出版です。

当然ですが、本を出版するためにはお金がかかります。部数や編集の程度にもよりますが、数百万円から一千万のコストを見積もるのが一般的です。そしてこの費用を誰が負担するかによって、上述した「形態」が異なるのです。

 

自費出版とは

 

自費出版は著者が負担しますが、商業出版は出版社が経費としてもちます。共同出版は著者と出版社とが折半することで、出版に漕ぎ着けます。上梓するにあたり、これらの形態のどれに落ち着くのかは、ヒットした時の利益がどのように分配されるのかに大きく関わります。

中でも重要なのが印税でしょう。よく知られているのが10%という比率ですが、この値は商業出版の特徴に起因します。出版の初期費用を出版社が全て負担するのは、経営者の視点からはリスクでもあります。ですから、このリスクに見合った契約内容として10%という値が弾き出されているのです。

裏を返せば、自費出版は印税率が高いと言えます。自分の本が売れると自信を持っている著者が、自費出版に関心を向けるのも自然なことでしょう。

しかし出版市場はそれほど甘くはありません。仮に1000円の本を出版するのに300万円掛かるとしましょう。その場合5000冊が売れて、初めて元が取れるのです。5000冊を売るのは相当大変です。一般人に広く知られた著者でもない限り、広大な書店に陳列された膨大な書物の中からその「無名が著した一冊」が選ばれるという奇跡が、書店に足を運んだ5000人に起こらなければなりません。どんなに優れた内容の書であったとしても、客が手に取らなければ売り上げに繋がりません。

書き手としてはともかく、売り手としては全くの素人が自費出版に踏み切った場合、それも借金などを重ねて無理に出版した場合、大抵の人が地獄を見ることになるのは想像に難くありません。

自費出版のおすすめところ:http://www.jskurabu.com/