自費出版の種類

さて、自費出版にも様々な種類が存在します。初期費用、契約内容、目的等により、最適な自費出版を選ぶ必要があります。中でも自費出版の王道と言えるのが個人出版です。執筆、編集はもちろんのこと、印刷、販売に至るまで、全てのプロセスにかかる費用を著者自身が負担し、発行の責任を担います。多額の出費を厭わなければ、アイデア以外の全ての作業を業者に任せることもできますが、執筆をどこまで任せるかによって、ゴーストライティングと峻別できなくなる可能性さえあります。逆に負担を軽減したければ、執筆、編集に加えて、あらゆる手配を自分で行わなければなりません。末端の業者との打ち合わせを全て一人でこなすのは相当の労力を要します。ノウハウもありませんから、交渉時は業者も足元を見る恐れがあります。

次に挙げるのは企画出版です。厳密には自費出版の範疇から外れるかもしれませんが、商業出版のように特定の作家に出版社が依頼するものでもありません。出版社は不特定多数に向けて原稿を募集し、応募した作品の中から優れたものを選んで出版の企画がスタートします。企画出版は出版社がリードして行われるため、売れる本を作ることが前提となっています。その意味では狭義の自費出版とは異なります。著者は原稿の買い取りという形で対価を受け取ります。誤解されやすいのは、企画出版と新人発掘との関係です。企画出版は確実に売れる内容であることが重視されます。従って、専門家やベテランのライターが書いた「無難な」原稿を選ぶのが普通であり、そうしたアピールに欠けている原稿が選ばれることはまずありません。

協力出版は個人出版と企画出版の混合形態ともいえるものです。出版社の募集に応募した原稿の中で、売れるとは限らないが一定のレベルをクリアしているものを選び出し、初期費用の著者負担を条件に出版するものです。