出版と印刷との違い

出版社は編集や校正はもちろん、マーケティングや営業、出荷、返品処理、在庫管理、書誌管理等を業務とする企業です。ですから極端な例ですが、上手に印刷して、上手に製本してくれるだけで十分だという人は、出版社を介さず、直接印刷所に頼めばよく、最も安価なコストで製本できます。

出版社に頼みたい場合、その会社が真の出版社なのか、それともDTP・印刷所の副業なのかが判然としないケースがあります。見分け方として確実なのは、日本書籍出版協会の検索ページで当該企業の名前を検索することです。そうすれば書籍として流通させているのか、それとも製本しているだけなのかが分かります。ただ書籍の流通に乗せられたところで、注文できる状態に過ぎません。それは書店の店頭に並ぶことと同義ではないのです。店頭に並ぶ本は、その本のジャンルに強い出版社から出されていることが多いため、本気で書店に並ばせたければ、ある程度名の通った出版社に原稿を持ち込む他ありません。

自費出版と同人誌との違いも理解しておきましょう。一番分かり易い違いは、作りの出来です。自費出版の場合、編集は出版社、印刷・製本は印刷会社が行います。そして出版社を通すことで出版コードを付けることができ、正式な書籍として流通します。一方、同人誌は出版社に依頼しません。執筆、編集はおろか、印刷・製本まで自分自身で行います。ですから同人誌のデメリットは装丁が素人の域を出ず、国会図書館にも置いてもらえない点だと言えるでしょう。もちろん同人誌ならではのメリットもあります。一言でいえば全てのプロセスにおいて自由度が高い点です。出版社の編集・校正を煩わしいと感じる人は同人誌が向いているのかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です