電子出版のメリットとデメリット

自費出版というと紙の本の形式にするというイメージを持ちやすいですが、スマートフォンなどのタブレットやパソコンから読むことのできる電子書籍という形で出版することができます。

電子書籍のメリットは、何よりも費用が安いことにあります。紙媒体で出版をする場合は、印刷や製本の費用はもちろん、書店に流通させるための費用も掛かってしまいます。インターネット上に置くだけですのでもしも売れない場合でも在庫を抱える心配はありません。また、書店の場合は売れない場合に店頭から下げられてしまい、それ以降には手に取ってもらえることがなくなりますが、電子書籍の場合はその心配もありません。IBANコードの付与は自由になっていますので、更に費用を抑えることも可能になってきます。出版社によっては会社に出向く必要なく、振込などで支払い、インターネット上で入稿をするだけでそのまま電子書籍として販売することも可能です。

逆にデメリットは、制作をする手間がかかるということです。紙の本を出版する時には、出版社の担当がデザインなどを確認、手助けしてくれる場合も多いと言われていますが、電子書籍の場合はほとんどのことを独りでこなさなくてはいけません。シンプルな作りのものであれば良いですが、中身と凝りたい、こんなデザインにしたいといったこだわりがある場合には、専門の知識が必要になってくる場合もあるでしょう。また、店の在庫にならない、半永久的に販売している状態が続けられるというのは、他の電子書籍も同じ条件です。見方を変えれば「電子書籍の数自体が多すぎて目につかなくなる」とも言えるでしょう。自分で宣伝をするなりをして、売上に繋がる工夫が必要だと言えます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です