自費出版の悪質なケース

一般的に問題がないとされる出版社に頼めば、自費出版を良い形で行ってもらえるでしょう。ただし中には悪質な出版社もありますので、注意が必要です。自費出版には限りませんが、契約をその場で急かしてくることや、あまりに上手い話ばかりを喋ってくる場合には一度落ち着いて内容を確認する必要があると言えるでしょう。

よくある手口と言われているのが、共同出版を持ち掛けるというケースです。共同出版は、作者と出版社が合同でお金を出し合って出版をするという形です。主な流れとしては、出版社が小説の賞を定め、賞金は何百万円と定めた上で原稿を募集します。実際に原稿送ってきた作者に連絡をして「惜しくも賞に届かなかったが、共同出版ならできる」と、持ち掛けるのです。連絡を受けた作者はもう少しで賞を取れたということや、共同出版で出版社にお金を出してもらえるだけの実力を認められていると、嬉しい気持ちになるそうです。ただ、もちろん作者はお金を出さなくてはなりません。確かに共同出版は出版社にもお金を出してもらえるという形ですが、そもそもの設定価格が高すぎる場合は自費出版と変わらない、もしくはそれよりも多い金額を取られるという場合も多いそうです。

本当に実力を認めている出版社もあるとは思いますが、このように作者を褒めてお金を出させるというケースも多いそうです。もし公募をしてから共同出版を持ち掛けられた、という場合は、まずは時間を置いて考えることが大切です。自分が納得して話を進めるのはもちろん良いことですが、その際に契約内容や見積もりが曖昧でないかどうか確認をすることや、ネットで口コミをチェックして悪い評判がないかチェックすることも効果的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です