自費出版の打ち合わせ

自費出版を行う際に、持って来た原稿をいきなり本にするわけではありません。多くの出版社では初めに打ち合わせを行い、その方向を決定していくそうです。

商業作家との打ち合わせというと企画の段階から打ち合わせを進めていきますが、自費出版の場合はあくまで「本の形にするという前提」で話を進めていきます。

内容について言い合うというよりは、今後の印刷などのスケジュール相談、本のデザインや体裁などについて話し合うことが多いそうです。まず自分の原稿ありきで進んでいきますので、「アイデアはないが出版したい」という人には向いていないようです。

原稿を見せた段階で、例えば著作権などの法律に触れるような内容である場合や、人や企業などを攻撃するような内容である場合には、出版を断られてしまうか書き直しと言われてしまうこともあるそうです。

細かい誤字脱字などのチェックはこの段階では行わず、後で「編集・校正」などのサービスが入っている場合には行ってもらえるそうです。印刷所などで自費出版を行う場合にはチェック自体がされないことがありますので、注意が必要です。

打ち合わせで具体的な印刷冊数などが決定してから、見積もりが提示されます。この時にあまりにも高額だと感じた場合には、安上がりな方法に切り替えることや、印刷冊数などを減らすなどの工夫が必要です。それでも他と比べて極端に高いと感じた場合は、契約は一旦保留にするべきでしょう。

上記の打ち合わせはあくまで「一般的な出版社」の場合ですので、打ち合わせの形式や回数などについては、初めに確認をする必要があります。遠方で難しいという場合にはテレビ電話などで対応をしてくれるところもあるそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です