自費出版のアドバイザーさんについて

自費出版をだすにあたって業者選びは誰もが大事だと思うでしょう。
そしてそこで働く社員さんや全員ではなくても自分の担当になる社員さんがどんな方かというのはとても大事です。
そして自費出版業者の中には資格を持ったアドバイザーさんがいらっしゃいますが、ではどんな自費出版のアドバイザーさんが良いと言えるのでしょうか。
一般の社員さんと共通するところも多いかもしれませんがここでは自費出版のアドバイザーさんについて考えていきましょう。
アドバイザーさんとは自費出版のスペシャリストなので当然話の進め方も効率的でスマートな方も多いでしょうし事実、自費出版について詳しいわけですから知識も深いです。
しかしやはり著者とアドバイザーといえど人対人ですし、さらにはこちらはプロの作家ではないことがほとんどだと思いますので自費出版のアドバイザーさんが要領がよくてもこちらは段取りも話の進め方も校正も全てが頼りなくて当たり前なのです。
しかしあまり良くない自費出版のアドバイザーさんは自分の仕事効率を優先するあまりこちらの意図や気持ちは考えず一方的に突っ走る傾向があると考えられます。
とても良さげな本ができたとしても自費出版、とくに自分史においてはそれが著者自身が納得できなければなにの意味もありません。
つまり一言で言えば素人に噛み砕いて説明をしながらもその上で最上の効率的な話の運びができる人材が優良な自費出版のアドバイザーであるといえるでしょう。
こういった対応ははじめから適正がある場合を除くとやはり何度も実務をこなした方が該当するのではないかと思います。
一概には言えないところですがそれなりに数年経験を積んだ方であればそういった優良な方に出会う可能性があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です