自費出版における執筆

 自費出版を目論む人の多くは、プロの書き手としてのキャリアにそれほど自信を持っていないことでしょう。それでも自分の執筆能力を信じているからこそ、自己負担を厭わず、出版に挑戦しようと考えているのではないでしょうか。しかし現実は厳しいもので、出版したからといって、すぐにあなたの能力が評価され、新進作家に変身できる可能性は極めて低いと言わなければなりません。実際、出版社に持ち込まれる原稿のほとんどは、自己満足に過ぎないレベルだと言われています。自費出版社は手数料で稼いでいるわけですから、例え出来の悪い原稿であろうと、無理矢理褒め称えるものです。その誘い文句に騙されて、高い手数料を払い、少しも売れずに苦しんでいる人は山ほど存在します。
 自費出版である程度稼ごうと思うのであれば、プライドよりもマーケティングが大切になります。ぶっちゃけると、売るに値しない原稿であっても、マーケティングが優れていれば、ある程度売れるものなのです。逆に言えば、どんなに優れた原稿でも、マーケティングが不十分な時は、手に取ってさえもらえないと認識して下さい。もちろんあまりにも酷い内容の場合は、一時的に売れたとしても、すぐにレビューで酷評され、長続きしないものです。最低限の評価はしてもらえるように、執筆のコツだけは学んでおきたいものです。
 ライティングの経験の浅い人は、まずスキルを身に付けることから始めましょう。短期間で習得できるものでもありませんが、市販の教本で学習したり、純文学や有名な評論を読んだりして、真似ることから始めましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です