カスタム出版とは何か

 最近、自費出版業界でよく耳にする「カスタム出版」とは何でしょうか。カスタム出版も著者が経費を負担するという点では、商業出版とは異なるのですが、これまでの自費出版とも微妙に違います。カスタム出版について詳しく述べる前に、まずは出版界の基礎知識を押さえる必要があります。出版界には初版、重版という概念が存在するのですが、初版とは初回の発行分を指します。ですから重版は増刷した場合の発行分を意味します。書店で見かけるのは、第二刷、第二版といった表現ですが、これらが冠された書籍は、売れ行きが好調であることを意味するのです。
 そもそも書籍は、初期費用が掛かることで知られています。原稿料はもちろんのこと、デザイン料や印刷費、製本費も合わせて発生します。自費出版の場合はこれらを全て著者が負担することになります。個人の経済的負担には限度がありますから、余裕のない人は編集者を付けませんし、書店への配本も諦めます。仲間内に献本できれば満足だと考える人も少なくないのです。
 しかし自著を上梓することの醍醐味は、やはり見知らぬ多くの人に読んでもらうことでしょう。では商業出版を叶えられず、且つ経済的余裕のない人は、巷に自著を流通させることは不可能なのでしょうか。こうした需要に応える形で最近注目されている形態が、カスタム出版と呼ばれるものです。結論から言えば、カスタム出版は商業出版の流通形態を上手く利用します。商業出版は基本的に、大手の取次店を介して書店に配本する仕組みを取っています。この仕組みに倣うことで、自費でも最終的に末端まで流通させることが出来るのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です