出版社との打ち合わせ

 自費出版とはいえ、あなたは立派な著者です。当然執筆に当たり、出版社の担当者、編集者と相談することになります。その際、彼らはプロですから、適切なアドバイスを何度も与えてくれるはずです。不安に思うことや疑問点があれば、遠慮なく相談してみましょう。それでも解消されなかったり、対応が余りにも頼りなかったりすれば、出版社自体を変える他ありません。出版社を変える時間的余裕が無ければ、担当者を変えてもらうのも有効です。確かに気まずいお願いではありますが、出版社もクライアントの要望を無下にはしないでしょう。編集者との関係は、製本、流通の全てのプロセスで重要になります。本が完成するまでには長い時間を要しますから、その間、編集者の協力を仰がなければなりません。信頼関係の構築が、自費出版を成功へと導くのです。
 担当者、編集者との出会いは、メール連絡に始まるのが通例です。今はネットから自費出版の申し込みを行いますから、それに対する返信メールが届きます。返信メールの内容は打ち合わせの連絡等で、そこで初めて担当者の名を目にすることになります。担当者を指名する制度を採用している出版社は無いでしょうから、運に任せる他ありません。
 出版社の編集者は、担当できる作家の数が限られています。様々な目的で送られてくる原稿の数は膨大ですし、新刊情報、広告のチェックも毎日のようにこなさなければならない環境下で、1人の編集者が担当できる仕事は制限されるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です