1流の作家と2流の作家

1流の作家は自己主張の強い性格でありながら、TPOに合わせて謙虚にもなれる人であることが多いようです。つまり独特な性格で、独特な言葉遣いをするからこそ、著作が売れるわけですが、他方で常識も持ち合わせているということです。彼らは同調圧力に屈しないだけの強さを保ちつつ、出版社との付き合いを疎かにしないための配慮も出来るのです。1人の人格の内にこうした振る舞い見せることは、決して簡単ではありません。そこが1流の証だと言えるのです。  他方、2流作家にも特徴があります。簡単に言えば、1流作家の特徴を満たしていない人達なのですが、具体的に見ていくことにしましょう。例えば、累計部数を悪用する人がいますが、彼らは概ね2流作家です。累計部数とは、これまで出版した本の合計ですから、1冊ずつの部数は小さくても、沢山出版していればそれなりの累計になり得ます。或いは、1度ベストセラーを生み出せば、後の本は鳴かず飛ばずでも、累計値は高くなります。彼らは累計値を示して自分の業績を誇る癖があるのですが、業界の人間には通用しない手法です。  他にも2流作家に共通する特徴があります。それは、編集者との打ち合わせで、他の編集者の名前を出して意見を述べることです。反論の論拠として、有名編集者の意見を武器にするわけです。最近は編集者のインタビュー記事や動画がネット上にアップされていたりするので、それをわざわざ送り付けてくる作家もいます。しかし編集者にもプライドがありますから、他社の編集の意見を押し付けてくる作家に対しては、協働しようと思わないはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です