自費出版トラブルを防ぐポイント

本のアイディアを考えるところから出版・販売に至るまでの過程を楽しみ、自分の本を読んでくれた人が「この本があってよかった」と喜んでくれる、そんなステキな思い出にしたい――自費出版をしようと思っている人の多くが、そのように思っていることでしょう。しかし、実際やってみると「思っていたのと違った」という声もよく聞きます。とくに多いのは「完成した本の流通・販売」や「著者が負担する費用が当初予定していたよりも増えた」ことです。書店で流通する本を出版すると謳っている業者・出版社はたくさんありますが、流通ルートは業者・出版社によって異なりますし、取次店を通して書店に置いてもらう場合は取次店の意向が優先になるケースがほとんどです。後になって「しまった!」ということにならないよう、業者・出版社と契約する前に、そこがどんな流通ルートを持っているのか、大型書店で配本されるのかどうか、配本先は全国で何店舗になるのか、流通の保障期間はいつまでか、保証期間が過ぎた場合の在庫は著者の買い取りになるのかどうかなど、納得がいくまで担当者に確認したほうがよいでしょう。著者が負担する費用についても同様です。契約する前の打ち合わせの段階で必ず確認し、不安な点があれば説明を求めるようにしましょう。さらに、契約時には条文をしっかり読み込み、理解できない条文については担当者に説明を求めるようにしましょう。この他にも、制作の途中で、担当編集者が自分の書いた原稿を大幅に削除したり、著者が意図していない原稿があがってきたり、著者の思った通りにならないことが出てくることもあるでしょう。そんなときこそ、自分の本を読んでくれる人のことを想像しながら担当編集者と話し合い、最善の道を探っていくのがよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です