書籍流通の仕組みを知る

書籍の流通について知っておくことは、自費出版を考えている人でも大切なことだと思います。なぜなら、流通の仕組みが分かれば、それに係る経費への理解の助けとなり、依頼先からの提出された見積書の内容判断にも役立ちます。更に、実際書店で並べてもらうことになった場合でも、売上状況を見ながら、先の経費も予測できるというものです。書籍販売は、「委託販売制度」と「再販売価格維持制度」のもと実施されることが基本とされています。これを簡単に解説すると、出版社など供給者側で定価を決め、販売を委託された書店など小売業者側では、定価で販売できる、という仕組みです。更に、実態的に言えば、書店側では、売れない本は、展示スペース確保のため取次業者へ返品でき、返品本が溜まってくると、出版社へまとめて返品される、という仕組みです。商業出版物でさえ、平均返品率は、約40%と言われています。まして自費出版物ともなれば、推して知るべし、と言わざるを得ません。全てが同じ、とは言えませんが、その多くが経費をかけて送品され、また経費をかけて返品される、という繰り返しで、その経費が自費出版の場合、最終的に依頼者へ集まってきてしまう、という構図です。この本ならきっと売れる、と期待したものが、返品の山となってきたときは、深入りせず「読みが甘かった」、と割り切るしかない場合も有ることを十分念頭において、事を進められた方が良さそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です