出版することで仕事に活かす

ビジネスと出版を結びつける事で、なにやら良いか化学変化が起こせそうだという事を小耳にはさんだので、素人が「本」を出版することについて考えてみました。まずは、「本」を出版するまでの流れをおおまかに探っていければと思います。自分自身が作者としての「本」を世の中に出すには、王道な方法として、出版会社に「本」を出版してもらうやり方があるようです。「本」の出版に関してはプロの出版社が、バックについて本の作成に取り組んでくれるのだから、頼もしいと考えていたのですが、この、出版社にお願いするルートを作る事が、まず、かなりの高難度な難問のようなのです。何やら、雲行きが怪しくなってきました。やはり、素人が「本」を出版して、ビジネスに役立てるような事は、無理難題な事なのでしょうか?出版社に「本」を出版してもらえるような道すじを考えてみましょう。出版社が、「本」を出版する事で、全国の書店に皆さんが書いた書籍が、販売される事が可能になるようです。実際には、出版社を通さず、皆さんが製作した「本」が書店に並ぶ事は、書店との直接的な交渉を重ねる手段はあるようなのですが、かなりの狭き門のようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です